再就職希望者必見の就職情報が満載!

これまでに3回の転職経験をもつ当サイトの運営者が、求職活動中に味わったさまざまな苦い経験を基に、「再就職希望者のための就職先が必ず見つかる就職情報サイト」 を目指して立ち上げた再就職希望者向け就職情報提供サイトです。

当ホームページを利用して一人でも多くの方々が、必要な情報にたどり着き、希望する職種に再就職できることを心より願っています。

 

オススメ 就職情報

右矢印バイトルNEXT(ネクスト)

全国の様々な職種の正社員・契約社員の求人情報が毎日更新されている就職情報サイトです。

正社員でのキャリアがなくても、バイト経験を活かして次のステージへチャレンジできる「次へ進む」を応援するサイトです。

当サイト内での利用者No.1 の人気サイト

 

右矢印ワークゲート

全国の求人情報が100,000件以上掲載されており、毎日更新されている就職情報サイトです。

当サイト内での利用者No.2 の人気サイト

 

事務職への就職希望者は的を絞りすぎないように!

事務系の求人については常に一定程度あるようですが、特に女性を中心として転職者を含む求職者がかなり多いことから、結構狭き門となっているようです。

 

事務の仕事と一口で言っても、一般事務や営業事務と呼ばれるような一定程度のパソコンスキルさえ持っていれば比較的に就職しやすいものから、経理や法務のような専門知識を必要とするものまで幅広くあります。

 

その中でも希望者が一番多い一般事務を探している人の場合は、コールセンターのオペレーターや営業のサポート事務的な業務も含めて就職活動を行った方が、採用される確率は高まるでしょう。

 

ちなみに厚労省が2016年1月に調べた事務関連の有効求人倍率は、営業・販売関連事務の職業が0.66倍、生産関連事務の職業が1.02倍だったとの事です。

 

特に大学の新卒者の場合は、大企業を希望する人がかなり多いようですが、中小企業やベンチャー企業にも目を向けることで、採用される確率が大幅にアップする事は間違いありません。

 

今はあまり知られていないような小さな会社であっても、急激に業績をアップさせているところも数多くありますし、大企業だからと言って一生安泰であるとは限りませんからね!

 

営業職に広がりつつあるミドル層への期待!

営業職は常に一定程度の求人が見込める職種であり、厚労省が2016年1月に調べた営業職の有効求人倍率は1.30倍だったそうです。

 

最近の営業職に対する採用傾向としては、これまでニーズが高かった30代前半までの人材から、30代後半から40代前半位までのミドル層のニーズが増加しているとの事のようです。

 

企業の投資の増大に伴い、新規事業の立ち上げが活発となったため、即戦力となり得る業務経験が豊富なミドル層への需要が高まっているものと思われます。

 

今後も営業職の採用が増加していくと考えられている業界としては、インターネット関連、人材派遣、不動産などがあるようです。

 

特にインターネット関連業界では、スマートフォン向けを中心として広告市場が急激に拡大しており、2015年には1兆円を超えるまでの成長を遂げています。

 

今後もインターネット関連の広告業界は拡大を続け、それに伴って業務拡大に必要な営業職の人材がますます求められてくることは間違いないでしょう。

 

また、若い人が営業的な職種を避ける傾向があるせいか、インターネットや不動産以外の多方面の業界で人材不足の傾向があるようですので、ミドル層やそれ以上の年代の人にとっても採用してもらえるチャンスが増えてくるものと考えられます。

 

就職・転職時に持っていると有利な資格やスキルは?

現状、事務職ではもちろんのこと、それ以外の多くの職種でもパソコンのスキルは必ずと言ってよいほど必要であると言えるでしょう。

 

今や数人レベルの小さな会社であっても普通にパソコンを使っていますし、事務処理の効率化をはじめ経費節減やペーパーレス化に対してもおおいに役立っているものなのです。

 

従って、一部の職種を除いてほとんどの会社でネットワーク環境なども整っていますので、「パソコンはほとんど触ったこともありません」では通用しない時代になったと言えるでしょう!

 

パソコンスキルと言っても、インターネットを使って動画を見たり、メールのやり取りが出来る程度では就職に際しては通用しません。

 

資格までは取得していなかったにしても、WordやExcelに対する基本的な操作くらいは最低限求められますので、希望する職種に関わらず、WordやExcelの基本的な操作程度はマスターしておくようにしましょう。

 

更にパソコン操作に関連する業務を希望するのであれば、WordやExcel以外にもPowerPoint、Accessなども習得しておけば、就職する際にかなり有利になることは間違いありません。

 

MOS(Microsoft Office Specialist)を取得しておけば、パソコンスキルを客観的にアピールできる材料となりますので、可能であればぜひ取得しておきましょう。

 

再就職の際に直面する年齢制限の厚い壁!

過去にあなたが再就職せざるを得なくなったとき、こんな経験をされた事はありませんか?

 

ハローワークやインターネット上には、無数とも思えるくらいたくさんの就職情報があるにもかかわらず、自分の希望するものに応募しようとすると、いつも年齢制限に引っかかってしまう。

 

仮に自分に合った就職情報を見つけたとしても、年齢制限のために応募さえ出来なったという経験はありませんか?

 

年齢が高くなれば高くなるほど、この傾向は顕著に現れてきます。

 

そこでこのような人達にとって役に立つのが、年齢条件を指定して検索が出来るという就職情報サイトです。

 

いろいろな就職情報のホームページを見られた方は分かると思いますが、年齢条件を指定できる就職情報を提供しているという所は意外と少ないものですよね。

 

私自身もかつて再就職をした時に、いろんな就職情報サイトを使って希望する仕事を探していた時期があったのですが、やっとのことで希望のものにたどり着けたと思ったら、結局年齢制限でアウト!

 

という事が何十回も、いや何百回もありました。

 

この時までは、ネット上の情報は全く役に立たないものなんだと思っていました。

 

検索条件に年齢を入れて自分に必要な情報を探す事ができる便利なサイトの存在を知ったのは、再就職先が決まった後の事でした。

 

私自身が3回も転職を経験している身なので、自分の必要な情報にたどり着けない人達が世の中にはもっとたくさんいるのだろうなと、しみじみ考えたものでした。

 

今の世の中、会社にとっても重要な中堅層の人材といえども、いつまたリストラに合って再就職を余儀なくされるかという事は十分に考えられますので、就職先を探している人達や自分自身のためにも、もっと簡単に就職情報をさがせないものだろうかと、いろいろな就職情報サイトを見ているうちに、検索条件に年齢を指定できるところが意外とあることに気づきました。

 

そこで考え付いたのが、シニア層の人達でも再就職のための就職情報を簡単にみつける事が出来る検索サイトを集めて紹介する「再就職希望者のための就職情報提供サイト」を作成する事だったのです。

 

という訳で、当サイト「再就職のための就職情報」を立ち上げるに至りました。

 

当サイト内でご紹介している就職情報サイトを利用して、一人でも多くの方々が目的の情報へ早くたどり着けることを心から願っています。