「退職願い」の提出

当然のことながら、会社を退職する場合は「退職願い」を提出することになります。
どうせ辞めるのだからと、いい加減な態度を取ると後で大変な事になりかねません。


会社を退職しようとする場合は、まず上司に了解を得た上で就業規則等で決められた日までに「退職願い」を提出する事になりますが、業務引継ぎ等の期間も考慮して、なるべく余裕をもって提出するようにしましょう。

どうせ辞めるのだからと思っていい加減な態度を取っていると、新しい再就職予定の会社が前の会社に、当人の仕事ぶりや人間性などを調査する場合もありますので、内定などをもらっている場合、最悪のケースでは内定取消しということもありえます。

「退職願い」の書き方としては、以下のページが参考になります。

退職願いの書き方