年金の手続き

会社を辞めると、自動的に厚生年金から脱退したことになりますので、国民年金の種別変更手続きが必要となります。

国民年金の種別

【第1号被保険者】

自営業者、農業、漁業などに従事している人や失業中の人など

【第2号被保険者】

会社などに勤め、厚生年金や共済年金に加入している人

【第3号被保険者】

厚生年金・共済年金に加入している人の配偶者で、かつ扶養されている人

 

種別変更手続き

会社を辞めると厚生年金から脱退するので、国民年金の第2号被保険者から第1号被保険者になるため、国民年金の種別変更手続きを行い、保険料を自分で納めることになります。

また、扶養されていた配偶者についても別途国民年金の保険料を納める必要がでてきます。

 

年金を受け取る為の納付期間

将来年金を受け取るためには、「保険料を納めた期間が25年以上」という受給条件をクリアしなければなりません。

従って、失業中に年金の種別変更手続きを行わず、保険料を払わないでいると、年金の受給資格がなくなってしまう恐れもありますので、国民年金の種別変更手続きについては忘れないように必ずしておきましょう。

 

保険料の免除申請

保険料を納めることが経済的に困難な場合は、免除してもらう方法もあります。

役所で免除申請書をもらい、現在収入がないという経済的な状況と、免除を希望する期間を記入して提出します。

この申請が受理されれば保険料が免除されます。ただし、免除してもらった期間に応じて受け取る年金は少なくなりますのでご注意下さい。