履歴書の書き方

履歴書は、企業の採用担当者に対して自分をアピールするために最初に提出しなければならない重要な書類です。

面接を数社受ける場合、同じ内容の履歴書を提出しがちですが、企業サイドは自社の何を見て応募してきたのかという点も重要視しています。

1社1社自分の気持ちを込めて誠実な履歴書を作成するようにしましょう。

履歴書の書き方の基本

1.インターネット上の登録サイトへ登録する場合や、メールに添付して履歴書を企業へ送付する場合などは、パソコンで作成したものでかまいませんが、本命の企業へ郵送するものについては「手書き」がベストです。

字の上手下手はありますが、たとえ字が下手という人であっても、心をこめて丁寧に書くように心がけてください。

2.手書きの場合の筆記用具は、万年筆かボールペンを使用しましょう。 色は黒、文字の太さは中くらいのものがベストでしょう。

3.これは常識的なことですが、書き損じをした場合、修正液などは絶対に使わないようにして下さい。 間違えた場合は、必ず新たな用紙に最初から書き直しするようにしましょう。

履歴書の書き方

1.写真

写真は第一印象を与える大切なものです。 スピード写真は避け、写真屋さんで取ったものを使いましょう。 企業の担当者は、一目見て分るそうです。

また、写真がはがれた時のために、写真の裏には必ず氏名を明記しておきましょう。

2.日付・氏名・押印

作成日、生年月日、学歴・職歴などの日付は元号で書きましょう。(西暦は厳禁)

氏名は、名字と名前の間を少しあけるようにしましょう。
「フリガナ」とあればカタカナで、「ふりがな」とあればひらがなで書きましょう。

押印については、欠けたりまがったりすることのないよう慎重に行いましょう。

学校の卒業年が分らなくなった時は、こちらが便利 → 卒業年早見表

3.住所・電話番号

住所は、必ず正式名称で記入しましょう。 都道府県名、市区町村、番地、マンション(アパート)名、部屋番号まで正確に書いてください。
「○○市1-2-3」 → 「○○市1丁目2番地3号」のように住民票通りに記述する。

電話番号は、自宅の電話を記入するのが基本です。
携帯電話やメールアドレスがある方は、同様に記入しておいた方がベストです。

4.学歴・職歴・賞罰

1行目に「学歴」と記入します。

小中学校は、卒業年月のみ記入します。 小学校については、省略してもOKです。

高校からは、入学年月と卒業年月、及び所属学部、学科等を記入します。
なお、学校名は正式な名称を記入してください。

職歴は、まず学歴のあとに1行あけて、「職歴」と記入します。

会社名は、正式な名称及び所属の部課名も記入しておきましょう。

賞罰は、まず職歴のあとに1行あけて、「賞罰」と記入します。
受賞年月日と賞の名称を記入します。 特になければ、「なし」と書きます。

次の行の右端に、「以上」と記入しておきましょう。

5.免許・資格

保有している免許や資格は、取得年順に全て記入しましょう。
数が多すぎる場合は、就職希望の企業に対してアピールになるものを記入します。
現在勉強中のものがあれば、それについても記入しておきましょう。

6.得意な学科・趣味等

この欄についても、自分をアピールできる項目ですので、しっかり考えて記入してください。

7.志望の動機

企業側の採用担当者が一番関心を示す項目ですので、会社のホームページなどを活用して十分調査した上で、その企業のすばらしいところと共に自分の考えを素直に書きましょう。
面接のときも必ず聞かれますので、自分の考えをきちんとまとめておきましょう。

8.本人希望欄

「希望職種」、「勤務地」、「給与」などに分けて自分の希望を具体的に書いてください。