職務経歴書の書き方

職務経歴書は、場合によっては履歴書よりも重要視されるもので、特に中途採用となる方の場合は、履歴書の職歴欄だけでは書けないこれまで積み上げてきた業務の内容を詳しく記述する事が出来る最大のアピールとなるものです。

募集企業によっては、職務経歴書の提出を求めていない場合もありますが、上記のように職務経歴書は自分を最大限に売り込む武器になりますので、履歴書と共に必ず提出するようにしましょう。

職務経歴書の書き方の基本

履歴書の場合は、職歴欄もありますが十分な内容を記入するだけのスペースがありませんので、職務経歴書を添付して自己アピールをするようにしましょう。

企業側から職務経歴書を提出する指示がない場合であっても、自分をアピールするために必ず提出するように努めましょう。

職務経歴書のスタイル

1.時系列型

職務経歴を時間の流れに沿って記入する一般的なスタイルのものです。

2.項目別型

これは、専門職の人が自分の専門的なスキルと経験などをアピールするためのスタイルで、自分が最もアピールしたい部分を時系列を無視した形で全面に打ち出すものです。

専門職の強い業務経験を持っている方や、転職の回数が多い方などの場合は、こちらのスタイルが良いのではないでしょうか?

企業の担当者からは、何を伝えたいかというアピールポイントが明確に分かるため、時系列型よりも読みやすいとの意見もあるそうです。

 

職務経歴書の書き方

1.職歴

会社名、所属部署名、担当業務、昇進、昇格などを記入します。
担当業務については、特に詳しく記入してください。

2.実績

営業職の方は、個人売上金額、売上達成率などの営業活動の成果を記入します。

3.管理経験

管理経験がある方は、役職名、部下の人数、管理業務内容について記入します。

4.保有資格

希望する企業に対してアピールできる資格から順に記入していきましょう。
現在勉強中の資格があれば、それについても必ず記入するようにしてください。

5.スキル

仕事のベースとなるパソコン関係のスキルや、専門業務などに必要なスキルを、経験年数と共に記入します。

6.自己アピール

自分のパーソナリティや志望の熱意を伝えるために非常に重要な項目ですので、具体的に自分の言葉でしっかりと記入しましょう。
面接の際、質問される可能性が高いため、質問されることを想定しながら記入しておきましょう。

【参考】

以下のサイトで職務経歴書のサンプルが無料でダウンロードできます。
職務経歴書の書き方 (開いたページの一番下)