ビジネス英語の現状

突然言い渡される海外出張や外国人相手の商談、就職・転職試験における英語力のテストなど、今やビジネスマンだけでなく、多くの日本人にとって英語力は特技ではなくツールの一つになってきています。

「出張先では現地の人間が通訳をやってくれるから英会話は必要ない」と言われて実際に行ってみると、仕事上では通訳をやってもらえてもプライベートまで面倒を見てくれるとは限りません! 結局は、ある程度の英語力が必要となってきます。

海外出張の可能性が全くないという人の場合でも、日本企業は海外への輸出をメインとしているところが多いですから、直接電話で話す必要がなかったとしても、FAX や e-mail のやり取りでは当然英語力が必要となってきます。

さらに最近では、外国人を雇用したり海外支店の現地担当者が研修のために日本へ訪れたり・・・と、英語を使う場面は増えるいっぽうですよね。

 

就職試験と英語力

もしあなたが海外勤務や海外出張の経験者で、自分の職務経歴書にその内容を記述した場合、企業の担当者は、当然あなたが英語が使えるという前提で質問してくるに違いありません。

仮に海外勤務や海外出張の経験がなかったとしても、企業側としては英語のスキルが少しでも高ければ、それだけ高く評価してくれることは間違いないでしょう。

英語力がツールの一つとして扱われるようになってきたと言っても、特に中小企業などでは英語のスキルが高い人というのは、全くといっていいほどいない可能性の方が大きいですからね。

とにかく英語力は、就職時に必ず武器の一つとして役に立つ事は間違いないので、可能な限り英語力を身につけておくことをオススメします。