就職活動とビジネス英語のスキル

就職活動を行う場合、どの程度の英語のスキルがあれば有利となるのでしょうか?

英語力があると就職時に有利か?

この答えとしては、英語力は必ずしも必須ではないが就職活動を有利に進める上においては、英語ができるにこしたことはない、ということになると思います。

英語力を採用の絶対条件にするというような企業は、一部の外資系企業や英語に関する専門的な職業を除けば、現状はそれ程多くはないと思われます。

しかし、国際化という課題に多くの会社が直面している現在、どのような業界、職種であっても、英語力があって困ることはありません。 就職試験でのアピールポイントの1つとして、英語力はかなりの効果を発揮するはずです。

最近では、TOEICの点数を昇給や昇進の条件にしているというところが、外資系以外の会社ですらあるようですからね。

 

就職活動に英語の資格は必要か?

それでは就職活動には、例えばTOEICや英検などの資格も持っていたほうが有利なのでしょうか? それとも、英語力さえあれば、資格は必要ないのでしょうか?

結論から言うと、TOEICなどの資格を持っていたほうが有利であるということは言うまでもありません。

「私は英語が非常に得意です。」と言うよりは、「私の英語力は、TOEICで900点程度です」と言った方が、当然のことながら説得力がありますからね。

いずれにせよTOEICや英検などの資格は、全くないよりはある程度のものを持っていた方が就職活動に有利に働く事は間違いないでしょう。