多くの日本人が陥る間違った学習の順序とは?

ある一定レベルの日常英会話を短期間でマスターするためには、どんな順序で学習を進めていけば良いのでしょうか?

多くの人が、まず基本的な文法の学習からスタートし、基本的な単語の暗記、基本的な文章の暗記といったような順番で学習を進めていくのではないでしょうか?

私も以前はそれが一番早く英会話を習得する方法だと思っていました。

 

苦手なものからスタートする

ところが、日本人が一番苦手なものは何でしょうか?

単語をいくつ知っているか、或いは基本的な文章をいくつ知っているかではなく、知っているような簡単な文章でも聞き取れない、又は、自分の言いたいことを知っている単語を使って口に出す事が出来ない、という事ではないでしょうか。

英単語を一つも知らないと言うのであれば別ですが、ほとんどの人が中学校で習ったごく基本的な単語くらいは覚えているものです。

問題は、その知っている単語や文章を使って話せない、聞き取れないという事なのです。

 

多くの人が逆の順番で学習している!

それなのに多くの人は、最初は無視しても構わないような文法をかなり難しいところまで理解しようとしたり、日常英会話ではあまり使用しないような単語までも覚えようとするから、途中で嫌気が差して挫折してしまうという事になってしまうのだと思います。

今あなたが目指している日常英会話を習得する為には、英文法や使用頻度の低い単語を覚える事ではなく、ネイティブが話す言葉を聞き取り理解する事、言いたいことを話す(口に出す)事をまっさきに学習すべきではないでしょうか?

極端な話し、文法を知らなくても単語や文章を正しく書けなくても、英語が聞けて話せればそれで目的達成のはずです。

短期間で目的を達成する為に無駄な勉強は後回しにして、まずはリスニングとスピーキングの練習を徹底的に行いましょう!