お酒好きな人へのとっておきの練習法!

海外駐在時代に発見したマル秘練習法をご紹介しますので、お酒好きな方はぜひお試し下さい!

飲み屋さんを英会話スクールとして利用する!

このマル秘練習法についてはお酒が嫌いな人からは 「ふざけるな!」 と言われてしまいそうですが、わたしの場合は、「飲み屋=英会話スクール」 という存在でした。

日本にいる時でも同じことですが、お酒が入ると普段はあまりしゃべらない人でもペラペラしゃべるようになる時がありますよね?

それと同じことで、お酒が入ると何故かへたくそな英語でも気にすることなくしゃべれる様になって、これが結構良い練習にもなり、そのうえ現地の人達との人間関係にも非常に有効で、まさに「飲み屋さんありがとう!」 という状態でした。

 

英語以外の言葉までちょっぴりマスター!

わたしが5年ほど滞在していたベルギーという国では、オランダ語・フランス語・ドイツ語(一部地域)の3つの言語が使われており、わたしが滞在していた東北部にあるハッセルトという町ではオランダ語が使用されていました。

そのため、英語ばかりでなくオランダ語についても 「飲み屋さん」 のおかげでちょっとだけ話せるようになりました。

つまり何の予備知識もなかったオランダ語までもが、挨拶プラスアルファー程度のものでしたが、飲み屋へ行くたびに話していた(口から出す訓練をしていた)だけでいつの間にか習得してしまったという事です。

これこそが、外国語を話せるようになるためには「口から出す訓練」 がいかに重要かという事の証明ではないでしょうか?