パソコン操作習得法

パソコンスキル3

それでは、いったいどうやって再就職のために必要な最低限度のパソコンスキルを身につけたら良いのでしょうか?

 

ここでは、再就職した場合に最低限必要となるパソコンスキルを身に付ける事に限定して考えてみたいと思います。

 

1.パソコンスクールへ通う

 

パソコン教室

 

パソコンスキルを身につける方法としては、この方法が一番確実だとは思いますが、パソコンスクールの場合、決められたカリキュラムに沿って教えてくれるのが一般的です。

 

つまり、再就職した場合に必要となるスキル以外のものも全て詰め込まれるということです。

 

自分が必要だと思うところだけ習いたければ、マンツーマンレッスンで習うという事も可能ですが、その場合はレッスン料がかなり高額になってしまう場合もありますので、事前に確認しておきましょう。

 

2.独学でマスターする

 

独学でのPC学習

 

今やどんな小さな書店でも、パソコン関係のテキストは溢れんばかりに置かれていますよね。

 

初心者用のテキストを買ってきて、独学で勉強することも確かに可能だとは思いますが、はたして再就職までの期間内でどの程度マスター出来るかというと疑問です。

 

また、使用しているパソコンの違い(OSのバージョンなど)やマスターしたいワード等のソフトのバージョンの違いなどによって、操作方法が異なる場合も少なくありませんので注意が必要です!

 

結論としては、パソコンをさわった事もないような人が、操作方法を全て独学でマスターするのは、ほぼ不可能に近いと思ったほうが良いと思います。

 

3.知り合いから教えてもらう

 

友人からPCを学ぶ

 

あなたの近くにパソコンに詳しい人がいたら、その人から習うのが一番のオススメです。

 

特にその人が友人関係であれば、自分が習いたいものだけを教えてもらう事も可能でしょうし、更にその友人が会社勤めをしている人であれば、こちらから聞かなくても、会社内の業務で必要となりそうな操作だけを教えてくれるはずです。

 

まとめ

 

このように最低限度のパソコン操作を習得する方法としていくつか挙げてみましたが、どの方法で習得するか迷った場合は、以下の内容を参考にして検討してみてはいかがでしょうか?

 

1.再就職までに時間もお金も十分に使える → パソコンスクールへ通う

 

2.再就職までに時間はないがお金は十分に使える → パソコンスクール等でマンツーマンレッスンによる契約をし集中的に学習する

 

3.再就職までに時間は十分あるが、使えるお金はほとんどない → 市販のテキストを購入し、独学で学習する

 

4.再就職までに時間もお金もほとんど無い → パソコン操作に詳しい知り合いなどから教えてもらう