パソコンの種類

まずはパソコンの種類から見てみましょう。

pc_1

会社などでも一番多く見られるタイプで「デスクトップ型パソコン」と呼ばれるものです。

本体(上の図で右端)と画面とが分かれているのが特長です。

細かく見るとデスクトップの中でも、タワー型・省スペース型・一体型などに分かれていますが、まずは「デスクトップ」という言葉だけ覚えておきましょう。

 

pc_2

最近では会社でも利用する事が多くなった「ノートパソコン」と呼ばれるものです。

これより小さいサイズ(B5・A5)のもので、モバイルノート・サブノートも出てきていますが、まずは「ノートパソコン」又は「ノート」という言葉がこのタイプのパソコンを指しているという事だけ覚えておきましょう。